10月の着物 (神無月)
暑かった日々も終わり、過ごしやすくなるこの月は、衣替えの月です。 前半は単衣、後半からはいよいよ、袷にお袖を通します。 袷といっても、時には汗ばむこの月は、紬、お召し、綸子、縮緬など軽やかなものを。 そして、基本的に袷に仕立てることのない、ウールや木綿の単衣はこの季節に最適です 長襦袢は無双袖、半衿も塩瀬、帯揚げは綸子など、まだ少し軽い生地に。 帯はキモノより先に冬仕度をします。織帯、縮緬の染め帯などが季節に調和します。

催事情報

この度ひさしぶりに催事を行うことに致しました。

日時

11月10日15時から21時まで

11日10時から18時まで

 

場所

川中コミュニティーセンター 和室

 

各種訪問着から小紋

栗山工房の着物屋帯 紅型で有名なメーカーさんです。関西では人気の織元の商品になります。

一刀彫 雛人形五月人形の受注会も同時に行います。かわいらしい一刀彫のお人形になります。手作りの人気商品にて売り切れのにてなかなか手に入らない商品になります。

今回は目玉商品もあります。